猫も キャットタワーから落ちる

朝 カーテンを開けたら 鳥が来ていたのか??

ピエールがキャットタワーから 夢中で 外を見ていました

ぶんぶん しっぽを振っています
画像


ガラス窓に張り付いています
画像


さらに 夢中になるピエール
画像


このあと バランスを崩して 落っこちてしまいました

ネコっぽくない ダサい落ち方でしたが カメラにおさめる事が出来ませんでした

どうやら ピエールの 運動神経が鈍いのは 私に似てしまったようです(汗)










 < 日記 > 

今日 2月25日は 八高線脱線転覆事故のあった日です

詳しい内容はこちら → http://www5a.biglobe.ne.jp/~techare/29144280/
(当時の写真も載っています)

事故があったのは 1947年2月25日 7時50分頃



実は この列車に 私の祖父も乗っていました

祖父は 当時 上海から引き揚げてきて 家業を継ぐために警察官を辞めたばかりでした

そして 買い出しへ行くため 事故の起きる2駅前に この電車に乗り込みました


買い出しに行く人たちがたくさん乗っていて すし詰め状態で
祖父が乗ろうとしていた駅に列車が到着した時には
すでにブレーキの利きが悪かったのか オーバーランをして 駅に停まったそうです


毎日 利用していた祖父は乗る所が決まっていたそうなんですが
列車が通り過ぎてしまったので慌てて
いつもとは違う 後ろの方の車両に乗ったそうです



それから 2駅先の高麗川駅へと列車が向かっている途中の事でした

スピードが出過ぎ カーブを曲がり切れなかった後方4両の連結が外れ 脱線転覆したのです


前2両は 後の車両が脱線転覆した事も知らず 駅へと走って行ってしまったそうで
脱線転覆事故を運転手が知ったのは 高麗川駅に着いてからの事でした




祖父は 転覆した車両に乗っていました

脱線転覆により 列車内で乗客が押され 満員だったはずなのに 1/3程度になってしまったそうです

苦しみながらも 祖父が手を伸ばすと 手に触れたのは土でした・・・

これなら 助かる・・・と思ったそうです



祖父は奇跡的にも無傷でした



何とかして その車両からはい出ると 目の前の光景は すさまじいものだったそうです




祖父はまだ警察官を辞めて日が浅かったので
救助活動を手伝い、亡くなった方の身元がすぐに分かるようにと
畑に順番に並べていくように指示をしたりしてから 夕方 家へと帰ったそうです


死者184名・負傷者約300~500名(負傷者数は資料によって違います)をだす大事故であり
死傷者の数では 戦後最悪の鉄道事故だそうです

その事故から もう65年
最近では 報道される事もなくなり 知っている者も少なくなりました

祖父の晩年 ラジオでこの事故の事が取り上げられました

買い出しへ行く人を乗せた列車なのに
買い出しの帰りで荷物と人のすし詰めの列車と
間違った報道がされ
それを聞いていた祖父は 「これじゃ亡くなった人が浮かばれない・・・」と涙を流していたのを覚えています


当時 乗客だった祖父も もう亡くなり この世にはいません

もう 当時の事を知っている人も少なくなりました


今後 このような大きな事故が起こる事のないよう願うばかりです

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • みんみん

    ピエール君はお外に夢中ですね。猫って意外とドジなところがありますね。ししこもよく落ちてます。
    お祖父様、たいへんな事故に遭遇されたんですね。無傷だったことが不幸中の幸い。
    大きな事故や災害は資料としては残っても世間からは徐々に忘れられてしまったり、間違って伝わってしまったりするのは致し方ないのかもしれません。
    でもそこから学べることは絶対に忘れてはダメ、慢心が危険を呼ぶんですね。
    2012年02月25日 07:53
  • とまと

    みるしっぽさんのブログには時々おじい様の思い出話がでてきますよね。
    なんか暖かい気持ちになります。
    家族みんなが仲良しなのがよ~く分かります!
    でも運動神経は...なんですね
    ピエール君、ひな人形に参加してもらいました。
    ちゃんと男の子役ですので見に来て下さいね。
    2012年02月25日 12:04
  • 陸&クロ

    こんにちは。
    ピエール君落ちたの・・大笑い
    痛くなかったかにゃ~~
    お祖父さん、乗り遅れて
    後ろに乗ったのが幸いですね
    これも運命でしょうね
    前に乗っていたらと思うと。
    2012年02月25日 12:47
  • pmarin

    お祖父さん、九死に一生を得たのですね・・・ 亡くなった方のことを思うと、生き残って良かったと手放しには喜べない、複雑な思いもあった人生だっただろうと想像します。
    大きな事故や災害のあとに安全が見直され、私たちはその上に無事に暮らしているのだということも覚えておきたいです。
    2012年02月25日 14:09
  • マシマロ

    ピエールくん、あの後落ちてしまったのですか?
    びっくりしたでしょうね。

    この脱線事故の事、知りませんでした…(汗)
    お祖父さん、乗っていらしたんですね。
    救助活動に率先してやっていらしたとの事。写真を見ても、凄まじい現場だったんでしょうね。
    最近では、福知山線の脱線事故がありましたが、電車に乗っている時に、もしこの電車が事故に遭ってしまったら…って考えると恐ろしいですね。
    事故は風化させてしまってはいけないですね。
    みるしっぽさんのおかげで、アタシも知る事ができました。ありがとうございます。
    2012年02月25日 21:22
  • フルール・ハーツ

    落っこちちゃいましたか…(笑)
    そんな時恥ずかしそうな顔しますよね
    そこが又、可愛い(^^♪
    八高線脱線事故って、聞いた事あります。
    悲惨な事故だったんですね
    お祖父様が遭遇していらしたとは…
    大変な思いをされたんですね。
    2012年02月25日 22:04
  • やまねこ

    お祖父様、大変な事故に遭遇してたんですね。
    事故の度に安全が見直され、その上に今の安全がある、というのを思い出しました。
    ピエール君、落っこちたんですね・・。
    2012年02月26日 01:12
  • タフィー104

    ピエールくん、オチましたか!
    うちのもよく足踏み外してます(笑)
    猫でもやっぱ運動神経違いがあるんですかねえ(笑)
    昔祖母から聞いた話、関東大震災の前に東京に行く誘いがあって、自分は行けなかったそうで。
    でも行った子達は、帰ってこれないかった・・
    運命って感じますね
    2012年02月26日 06:10
  • みるしっぽ

    みんみんさんへ
    コメントありがとうございます
    なんだか 運動神経が悪いようで・・・ 実家では高い所から落ちて捻挫するし 猫なのか??って思う時がありますね
    電車に乗っていて 危ないと思う事って ほとんどなくて忘れがちですが やはりこういう事故を教訓に今の安全性が保たれているのでしょうね
    2012年02月26日 09:09
  • みるしっぽ

    陸&クロさんへ
    コメントありがとうございます
    落っこちて 恥ずかしそうにしてました
    事故の話 祖父がこの時点で巻き込まれて亡くなってしまえば 私は生まれない事になります
    やはり生き残った者が後世に伝えていく義務があると 祖父も思っていたようで よくこの話をしてくれました
    2012年02月26日 09:11
  • みるしっぽ

    とまとさんへ
    コメントありがとうございます
    お返事 とばしてしまってすみません
    ピエールの運動神経は 私にソックリ・・・
    しかも 祖父も体操の成績は乙・・・
    我が家の伝統かもしれません(笑)
    かわいいピエール人形の写真送っていただき ありがとうございます
    ブログ記事に載せさせていただきました
    ありがとうございます
    2012年02月26日 09:14
  • みるしっぽ

    pmarinさんへ
    コメントありがとうございます
    そうですね この時点で祖父が亡くなっていたら 私は生まれて来ない事になります
    本当に助かって良かったです
    電車に乗っていて 危ないと思う事って ほとんどなくて忘れがちですが やはりこういう事故を教訓に今の安全性が保たれているのでしょうね
    2012年02月26日 09:16
  • みるしっぽ

    マシマロさんへ
    コメントありがとうございます
    ピエール 落ちてしまい 恥ずかしそうにしていました
    戦後すぐの事故だったので 写真があまり無い事と資料も残っていないので あまり知っている人もいないと思います
    電車に乗っていて 危ないと思う事って ほとんどなくて忘れがちですが やはりこういう事故を教訓に今の安全性が保たれているのでしょうね
    祖父は生き残った者には伝えていく義務があると思っていたのでしょうね よくこの話をしてくれました
    2012年02月26日 09:18
  • みるしっぽ

    フルール・ハーツさんへ
    コメントありがとうございます
    そうなんですよ 恥ずかしそうな顔していましたね
    祖父は かすり傷一つ無かったようです
    偶然が重なり助かったのだと思うと 考え深いですね
    祖父は生き残った者は後世に伝えていく義務があると思っていたようで よくこの話をしてくれました
    2012年02月26日 09:20
  • みるしっぽ

    やまねこさんへ
    コメントありがとうございます
    そうです すごく大きな事故だったようで 祖父もよくこの話をしてくれました
    やはり 生き残った者は後世に伝えていく義務があると思っていたのでしょうね
    ピエール 落っこちて恥ずかしそうにしていました
    2012年02月26日 09:22
  • みるしっぽ

    タフィー104さんへ
    コメントありがとうございます
    そうなんですよ 猫にも運動神経ってありそうですよ~ マロもドン臭いし・・・
    タフィーさんのおばあさまのお話 考え深いですね
    その時 行ってしまえば きっと戻ってこれなかっただろうって事ですよね
    祖父がいつも乗る場所に 双子の男の子が乗るのを見たそうなんですが その男の子たちは亡くなっていたそうです
    祖父は生き残った者は後世に伝えていく義務があると思って よくこの話をしてくれました
    2012年02月26日 09:26
  • クローバー

    お祖父さん、すごい経験をされてたんですね。その事故の事は、恥ずかしながら知らなかったです。m(_ _)mもっと若い人はもっと知らないんだろうなぁ。
    福知山線の事故もあったし、過去の事は忘れて、同じような事故がまた起こっていくのは防ぎたいですよね。
    でも何かの縁でこうして私も知れてよかったです。お祖父さん、みるしっぽさんがお孫さんで幸せです。
    2012年02月26日 17:13
  • みるしっぽ

    クローバーさんへ
    コメントありがとうございます
    そうなんですよ 戦後すぐの事故だったため 資料や写真など残っているモノが少ないんですよ そのため 知っている人も少ないかもしれませんね
    祖父は生き残った者には伝えていく義務があると思っていたのでしょうね
    同じような事故が起きない事を願うばかりです
    2012年02月27日 07:26
  • yasu

    ピエール君も失敗する事があるんですね!
    我が家でも、たまに踏み外して落ちる子がいますね!猫なのにね。脚の悪い子もいるので気にはしていますが・・
    鉄道の事故、初めて知りました!
    多くの方が亡くなったのですね!
    驚きました!
    2012年03月08日 17:32
  • みるしっぽ

    yasuさんへ
    コメントありがとうございます
    夢中になり過ぎてしまったようです
    バランスを崩して 落ちて 恥ずかしそうにしていましたね
    八高線の事故 戦後すぐに 拝島~小宮間の川にかかる鉄橋でも 正面衝突事故で多くの人が亡くなっています
    その後もこの高麗川駅手前の脱線転覆事故で多くの方が亡くなりました
    どちらも戦後すぐの事故だったので あまり情報が残っていないんですよね
    生き残った祖父たちの証言は 語り継いでいかなければならないと思っています
    2012年03月09日 07:01

この記事へのトラックバック