ぼくを忘れてる・・・

こいのぼりの飾り・・・ 大事なメンバーを忘れていました こじろう「ぼくも男の子です」 犬は 猫と違って 鼻の部分を尖らせないと似ていないので 苦労しました こんな感じかな・・・ ちょっとキツネっぽい こじろうは 顔が小さく丸顔じゃないので これだと ちょっと似ていないかも・・・ チワワとか 丸顔の犬の方が 可愛く出来そうです さて 実家で 前に飼っていたペットの写真です コーチンのコッコちゃんです コッコちゃんを飼う前に 弟が小学生の時 オスのチャボを道端で拾って来てしまい 飼い主が見つかるまで・・・と飼っていましたが オスなんて 飼い主が現れるはずもなく・・・ 我が家のペットになりました オスだけじゃ・・・と思って メスもペットショップで 飼ってきました それが コッコちゃんです ところが ニワトリって 種類をよく知らなかったのですが・・・ 大きさが チャボ < 白色レグホン(養鶏場にいる白いやつ) < コーチン なんですね・・・ みるみる コッコちゃんが大きくなり コッケ君(オス)が 肩身の狭い状態に でも 喧嘩する事なく 仲良く同じ小屋にいましたよ ある日 実家の前で肉屋をしている おじさんがコッコちゃんを見て…

続きを読む

いびき

ピエールは 子猫の頃から いびきがうるさいです 動画で音がとれないので 残念ですが・・・ いびきなのか??寝言なのか?? コタツの中にいても 聞こえます 爆睡中です ぷぅ~ ふぅ~とか にゅにゅ~とか うぐぐぐぅ~とか とにかく いびきと寝言が大きいんです みなさんのニャンコちゃん ワンコちゃんも寝言やいびきかきますか?? こじろうの前に 飼っていた たろう(雑種)です 他の犬には吠えませんが 家に来たお客さんには吠えまくります かなり いい番犬しているなぁ~と思っていたのですが 実家の前のお肉屋さんに聞いたら 皆が出掛けちゃうと 悲しそうな声で遠吠えしていて 誰が行っても吠えないぞって言われました(笑) あまりに 悲しそうな声で鳴くので 留守番の時に お肉屋さんが時々 ブタの骨をくれました こじろうと違って 色んな家を転々としてきたので 寂しがり屋だったようです こじろうが生まれる1ヶ月くらい前に 13歳で亡くなりました こじろうと同じで 祖父の言うことは よく聞く犬でした

続きを読む

こじろうの誕生日

今日は 実家にいる 番犬にならない犬 こじろうの誕生日です (知っている人にだけ クンクン鳴きます) こじろうの生まれた日は 今日の東京の天気と同じ 雪の降った日でした 今日で11歳!!もうすっかり シニアです こじろうは 近所で生まれたワンコちゃんを貰いました 家に来たばかりのこじろう(2カ月くらいかな??) 名前を付けるにあたって メロメロおやじは 足が白くて靴下履いているみたいだから ”ソックス”と言いました でも 「この純和風な顔立ちに似合わない!!」と家族に反対され 前に飼っていたワンコが”太郎” ウサギが”小太郎”だったので じゃぁ 次は ”こじろう”だ!!という安易な考えで 名前が決まりました こじろうは 13kgくらいある中型犬ですが すごくビビりです 散歩中に 祖父の家の近所のシーズー犬に嚇かされ そのワンコちゃんの前を通る時は 腰を抜かしてしまいます そこを通る時は このデッカイ犬を抱っこして歩きます 注射も大っきらいで 狂犬病の予防接種の時も 小型犬に混じって並んで 抱っこされたデカイ犬になってしまい みんなに笑われます 父の手作りの犬小屋で 2部屋・テラス&庭・屋上付きの1戸建てに ひとりで住んでおります 怖い事があると 右側の小さい部屋に入ります 散歩中に 鯉にパンの耳をあげると 鯉が食べるのを 一緒に見ています 時々 おねだりもします …

続きを読む

メロメロ おやじの 誕生日♪

今日はメロメロおやじの誕生日です 今年は 犬好きだったメロメロおやじが ねこ大好きになった1年でありました 小さい頃のピエールと メロメロおやじ (この頃から ちょっと嫌がってる??) ミルクが亡くなったら もう猫は飼わない・・・と宣言していた メロメロおやじ これがミルクです ところが 小さい頃のピエールにメロメロになり ミルクが亡くなった後 猫を2匹も!!飼ってしまいました 母と妹は猫が好きなので 1匹くらいは飼うのではないか??と思っていましたが まさか2匹もとは!! ビックリしました 実家のココアとマロです いまでは ココアとマロにメロメロです ちなみに ピエール同様 ココアとマロにも ちょっと避けられているようです 猫にもメロメロですが 実家の犬のこじろうにもメロメロなんです でも やはり こじろうにも避けられています(汗) 父は動物が好きなのですが なぜか嫌われてしまいます 愛情が強すぎるのでしょうか?? 小さい頃のピエール・・・ オジサンっぽい要素が無くて 可愛かったなぁ~    おまけ      話題のスライム肉まん 買ってみまし…

続きを読む

ミルク先輩

実家の犬のこじろうは ミルクよりも 後から 家族になったので 先猫のミルクには 頭が上がりません こじろうは ミルクが家から外へ出ては行けない事を良く分かっていて 脱走すると 吠えて教えてくれました ミルクと こじろうでお昼寝中です ミルクは グッスリ 今年 ミルクが亡くなり こじろうは外飼いなので 亡くなった後 顔を見せてあげようか?と思いましたが 祖父が亡くなった時にそれをしたら こじろうが狂ったように鳴き出してしまい 大変でかわいそうだったので やめました そんなわけで こじろうはミルクが亡くなった事を知りません そして 2ニャンがやってきました ココアは黒に茶色が混じった猫 マロは真っ白でミルクに似ています こじろうは ミルクと勘違いしているようで 絶対に マロには 吠えたり唸ったりしません マロはしっぽを振って 鼻を鳴らします そこにココアが来ると ココアには威嚇し 吠えて驚かせます ピエールも同じです 犬は 色が分からないって聞いた事があるんですが・・・ こじろうのこの行動を見ていると 色が分かるんじゃないのかな~と 思ってしまいます 何度 やっても マロだけに優しいんです マロには ミルクのふりをしてもらいましょう(笑)

続きを読む

こじろう の 散歩

もう自宅へ 帰って来たのですが 実家での写真にお付き合いください 実家へ行った時は 可能な限り こじろうの散歩をしてあげるようにしています この日も 散歩に出たのですが・・・ 川の向こうから 橋を渡って 猫がいきなり目の前に現れました まったく動じない猫 逃げるどころか こじと私を見て ガンを飛ばしていました 動けない こじ 猫界における前科3犯モノのこじろうでも  この猫の睨みに固まってしまいました そのあと 猫は悠々と 前を通り過ぎ 道路の反対側へ またさらに こじと私に ガンを飛ばして去っていきました 川沿いの道は 涼しいので そこを歩いていきます 線路わきの土手 この土手には クレマチスがいつからか?生えてくるようになり 甘~い匂いがします(おそらく マキシモウィッシアナっていう品種) 花期は 8月から10月だそうです この土手の向こう側は 私が子供の頃 広大な広場でした こんな感じ・・・(父撮影) ここは 鉄道マニアさんたちの絶好の撮影スポットで よく撮影している方を見かけましたが広場は宅地開発をされて 住宅街へと変わりました たま~に 住宅街になった事を知らずに訪れた 鉄道マニアの方がガッカリして帰るのを見た事があります 線路わきの道を曲がると 実家の方へ行くのですが ここを…

続きを読む

メロメロおやじの心配ごと・・・

私のブログに時々 登場する メロメロおやじ(父)ですが・・・ 母と妹の話によると 心配事があったそうなんです かなり くだらないので さらっと読んでくださいね ブログに 父のメロメロおやじっぷりの写真を顔を隠して 載せていますが・・・(ピエール 固まってる・・・) 父は その顔を隠した所って 剥がせば見れるんじゃないか?と 心配しているというのです(笑) それを聞いて 母と妹が・・・ 『若い女の子の写真なら分かるけど・・・  誰が オッサンの顔 見てみたいと思うの?』 と声を揃えて言ったそう・・・・ うん 私もその場にいたら 間違えなく そう言ったと思う(笑) 以上 メロメロおやじのくだらぬ心配でした 父とピエールの関係は また振り出しに戻るはず・・・ 父は ココアにも嫌われているらしいので 残るはマロだけですね マロとココアが大きくなってきて ピエールとの関係もどうなっていくのだろう??と ちょっと 心配でもあり楽しみでもあります お盆の時期には 実家へ行かなかったので 今度行ったら お線香をあげてこよう 実家の地域には 字ごとにお寺があります 実家のある字のお寺ですが お坊さんはいません 法事の時だけ 同じ宗派のお寺から出張で来…

続きを読む

こじろう 

実家には ワンコもいるんです 猫ばかり撮っていましたが・・・ こじろう カメラが嫌いなので ごくたまにしか 可愛く写りません 散歩中 カメラに気がついていないと 正面から撮れます 背中を撫でてあげると 喜びます でも カメラの方は見てくれません(涙) 実は まだピエールと対面した事がありません なぜなら こじろうは ミルク以外の猫は敵だと思っているらしく 散歩中に 寝ているネコの尻尾の毛を毟ったり 驚かせて しばらく行方不明にしたりそんな事が 3回ぐらいあります 猫界では 凶悪犯として知られているはず(笑) ビビりなピエールのトラウマになっては困るので こじろうとは会わせていません ピエールは やはり イグアナのシマが気になります・・・ おっ 下に降りてきたにゃ    宮城の話 津波で 家を流されてしまった 祖母の妹夫婦は  やっとアパートを見つけ 住む所が決まったそうです 仮設住宅は 何度 応募してもダメで 便利な所は人気のようです 市街地から離れた所でも 当たらなかったそうです まだ 義援金なども配られる様子もなく・・・ もといた土地に建物が建てられるのか? それも決まっていないそうです 使…

続きを読む

歴史的和解

実家も4日目になると ピエールも慣れてきた ついに父に抱っこされる ピエール やっと和解した~と 喜ぶ父 でも 自宅へ帰る日なんです また 今度 来た時は 最初から仕切り直しで ピエールは逃げ回るんだろうなぁ… 実家に帰ると お茶の手伝いなどで忙しいので ほとんどピエールと遊べません 実家にいる時は 妹がピエールを見ていてくれるので ピエールは妹に 一番 慣れています 妹に抱っこされる ピエール(父の時とは違い 警戒心ゼロです) たまには こじろうも 載せてあげよう こじろうと散歩 こじろう 楽しそう 笑っています こじろう 踏ん張ってます(お食事中の方 すみません) ちょっと恥ずかしそうな こじろう ちゃんと う○ちは拾って帰りました こじろうと 散歩をしていると 晴れていれば 川で こんなものが見られます たぶん スッポン??きっと スッポン?? 子供の頃はいなかったような気がするんだけど 最近 たくさんいるんですよね 掘りごたつで遊んでいる ココアとマロを見守る ピエール 子守 お疲れ様でした 日曜の夕方 自宅へ帰りました …

続きを読む

ピエールとココア その3

ピエールのご飯は ピュリナワン ココアのご飯は 銀のスプーン 食べているものがそれぞれ 違います ピエールは ピュリナ以外には興味が無いので ココアのご飯をとったりしません ココアはピエールのご飯が気になります 結局 この後 ピエールはご飯を盗られてしまいました それをピエールが覗くと ココアの強烈な猫パンチがピエールに炸裂!! ピエールは退散です ココアの方が 元気いっぱいで 遊びたくて しょうがない様子です ピエールは疲れています(笑) お兄さんなので 仕方なく遊んでいる感じです 実家に帰ると こじろうの散歩をしてあげることにしています ここは 電車の鉄橋の下 川沿いの道が 通学路になっています こじろうがいる所は 小学1年生と犬は 必ず登って歩く所です(笑) 暑かったので 散歩から帰ったら お水を飲みます がぶ飲みです こじろうも 10歳 顔だけでなく まつ毛も白くなりました 先犬の『タロウ』が亡くなったのが 13歳でした 長生きしてほしいな

続きを読む

今日は妹の誕生日です

お誕生日おめでとう!! プレゼントは コレです 中身は ピエール さすがに ピエールはあげられないので・・・・ 何にしようか??考え中です もう少し待っててね   妹は 私と10歳 年齢が離れています (間に 弟がいます) 妹が10歳下だと 妹が小さいうちは 驚かれる事が多かったのですが・・・ 成人してしまえば あんまり驚かれなくなってきました 妹はまだ20代・・・  若いっていいなぁ… 昨日 ピエールはお留守番で ちょこっと実家に行きました 色んな花が咲いていて やっぱり お花っていいなぁ・・・と思いました クレマチスの八重です うちもバラの他に お花が欲しいな・・・と思いました 実家から帰る時に 駅まで こじろうと母が送ってくれました(散歩のついで) こじろうは 駅の中に一緒に入ろうとして 母に引かれて帰って行きました 引っ張られながら 顔だけは ずっとこちらを見ていました 可愛すぎる~~!! ネコもいいけど 犬も可愛いなぁと思った瞬間でした こじろうの入浴シーン(夏季限定) 外飼いなので お風呂場から外までお湯のでるホース…

続きを読む

探検 探検

いろんなものが珍しくてしかたがない ピエール 実家へ来ると いつもの通り TVの上を探検中 むむっ いい香りが・・・ これは コジロウのオヤツです 私 『ダメだよ!!食べちゃ!!』 ピエール 『いいじゃん 少しくらい』 犬のオヤツは匂いがキツイので かなり興味があった様子でした 一方 こじろうは 外にいる犬なのに 花粉症なんです 鼻の上が黒いのは掻き毟って 毛が無くなり 地肌が見えているせいです 毎年 春と秋に鼻の上がハゲになります 人間と同じように花粉症を治すことは出来ないそうです この時期は ちょっと かわいそうです 新芽が綺麗な茶畑です 実家の近くは 見渡す限りの茶畑です 今年は寒いせいか 新芽が少ししか出ていませんでした ゴールデンウィークが終わると 実家の周りは新茶の香りで包まれます

続きを読む

実家に一泊

まだ 申告書の作成が終わっていないので ピエールとともに実家へ ピエールは 日当たりがいいのでくつろいでいます 実家のミルクさんは ピエールがいない間に こっそりヒザに乗る さすがに でかくて重い 歳とって痩せたけど 今でも4キロくらいあります 私が実家に帰ると お土産のエサが貰えるので いつになく目がキラキラ グッピーは 年末には4匹だったのに 生まれに生まれて 今は数えきれない 黒いのがお母さん  赤いのがお父さん またお腹が大きいので 増えます 水槽狭いですね たまには こじろうとお散歩です(たぶん モグラの跡です) 春まであと少し・・・・ これは 祖父が育てていたイワヒバ(岩松)です 冬で乾燥しているので 葉っぱが閉じています 祖父の形見が枯れちゃったと思って 一生懸命 水をあげていた 私 冬はあげなくてよかったらしい・・・ 春の温かい雨が降ると 一斉に葉っぱが開くということです 葉っぱが開いたら また写真を撮ります

続きを読む

今日は

叔父の誕生日です お誕生日おめでとう!! という事で 叔父の家で飼っていた マルちゃんです マルちゃんは うちの祖父がペットショップで見つけたワンちゃんです 叔父の家族に可愛がられ 去年 17歳でなくなりました(長生きです) 叔父夫婦は犬が好きなので マルちゃんが亡くなった後 先日 紹介した風太君を飼いました マルちゃんと風太君 全く血のつながりはないけれど・・・顔が似てきたような気がします ペットって飼い主に似るって よく聞きますね ってことは?? ピエールも・・・・ 微妙な変顔(ジュース臭いの??) コレ??私??

続きを読む

ピエール 留守番

昨日はお茶屋の仕事があったため ピエールはお留守番でした 来たばかりは こんなに小さかったのに あっという間に大きくなりました この頃の写真は 動きが早すぎて みんなピンボケです 私一人で実家に行くと 家族みんなに 『ピエールは??』と聞かれ 私 『毎週じゃ ピエールが疲れて ストレスになるから留守番』というと 父 『そんなに甘やかしたら もやしっ子みたいに弱くなっちゃうぞ!!何で 連れてこないんだ』と もやしっ子・・・・って ただ、ピエールと遊びたかっただけでしょ 私はあまり歓迎されず・・・ 結局 大歓迎してくれたのはイヌのこじろうだけでした 9日が祖父の月命日なので 墓参りをして 入院している祖母の見舞いをして帰りました。 手を握り合う祖母と祖父です。 祖父が老衰で寝たきりになった時 祖母は入院していました。 往診の先生に 祖父があまり長くないと言われ 祖母の外出許可をとり会いに来てもらった時の1枚です。 祖父は 最後までボケていなかったので 祖母が来た事をとても喜んでいました。 でも これが今生の別れとなりました。 しんみりした内容になってしまい すみません。 祖父は なかなかのユーモアの持ち主で 笑ってしまうような介護の話がほとんどですが・・・ それは またの機会に

続きを読む

実家のペットたち

せっかく 実家に行ったので実家のペットの写真を撮りました まずは 時々 ブログに登場するミルク(♂)17歳です。 去年の夏に 入退院を繰り返し 検査の結果 肝臓に膿の袋があることと 腎臓の片方が機能していないことが判明 獣医さんも驚くほどの丈夫な心臓の持ち主らしく 手術はOKでも 場所が悪く 失敗の可能性が高いとのことで、薬で炎症を抑えています。 それ以来は 薬のおかげで いたって健康 食欲もあります 次に 犬の こじろう(♂)10歳 雑種です。 近くのワンちゃんが産んだ子を貰いました。 お母さん犬は 真っ黒 お父さん犬は分からないのですが たぶんお父さん似 犬小屋の屋根の上に乗って 遠くを眺めるのが好きで 小学生に 『お立ち台の犬!!』と呼ばれていました 最後に 爬虫類が嫌いな人は見ないでね グリーンイグアナのシマです これは 妹のペットで 私は今までに数回しか触った事がありません あと グッピーとインコがいますが・・・ うまく撮れなかったので 今回はナシです 去年までは 亀やウサギ ニワトリ などもいましたが・・・ みんな10年超のお年寄りだったため 亡くなってしまいました イグアナは少々、苦手ですが・・・ どれも大切なペットです

続きを読む

たまにはワンコも

今日は 叔母の家の風太くんを紹介します これは一年前の写真 小さくてかわいい この前 やっと 1歳になりました もう大人です 風太くん また遊びに来てね

続きを読む